うつ病は食欲が落ちたり神経に悪影響が出るので、早めに精神科で受診しましょう。

精神が病んだ時~早めに精神科の受診をしよう~

MENU

精神が病んでしまったとき

 

ブラック企業で働くことは肉体面よりも精神面の方が負担は大きいです。
精神が病んでしまった中でブラック企業での仕事を続けると、どんどん症状は悪化していきます。
対処法はいくつかの方法がありますが、なるべく早く精神科に受診して医師の診察を受けることをオススメします。

 

侮ってはいけない精神病

 

うつで倒れる女性

精神病は気持ちだけの問題と思う人もいますが、食欲が落ちたり神経に悪影響が出るなど様々な弊害に繋がります。
早めに病院へ受診することが、もっとも確実に対処できる方法です。
将来、会社を相手に訴訟を検討している場合も早い段階から病院に行って受診していた履歴が残っていると有利になります。

 

たかが精神が少し病んでしまっただけと簡単に考えても、ブラック企業で働き続ける限り自然治癒する可能性は低いです。
転職する場合や、もう少し仕事を続けて頑張る場合でも病院にかかっておくことはとても大切です。

 

うつ病などの診断結果をもって職場に相談する

 

精神の病む原因はパワハラモラハラなどです。
ブラック企業は、ハラスメントをしている自覚を持っていないこともあるので、ただ被害を訴えるだけではなく、病院にかかって、うつ病だと診断されたなど具体的な状況を伝えることで職場も真剣に話を聞いてもらえます。

 

ブラック企業は訴訟や行政によるペナルティなど問題が大きくなることを嫌います。
従業員がうつ病と診断された以上は、それ以上過激なことはできません。

 

プライドや同じ環境で頑張っている同僚の目線が気になって、こうした強行手段や相談に抵抗を持つ人も多いですが、我慢しても状況を悪化させるだけです。
病んでいる原因が特定の人物だけの原因であれば、診断結果を武器に上層部や経営者、人事部などに相談してみてください。

恨みを持っている場合においても、診断結果を添えてハラスメントを訴えることがもっとも効果的な報復行為になります。

 

うつ病は再発しやすい

 

自然に状況が改善されたり、気持ちが落ち着いて時間とともに持ち直すこともありますが、一度うつ病になってしまった人は再発リスクが高いです。
最初はうまく誤魔化して対処できても時間とともに同じことを繰り返してしまいます。
大きな原因を作っている上司が異動になるなど環境が改善していればまだいいですが、根本的な問題が残っている場合は治った後の予防にも取り組みましょう。

 

うつ病になる人は頑張りすぎてしまう真面目な人や自己嫌悪になりやすい人が多いです。原因を理解して考え方を変える努力をしましょう。
正しい予防法を実践するためにも、精神の病んだ時点では早めに病院に診てもらい医師からアドバイスをもらうことが大切です。

 

まずは話を聞いてもらう

 

仕事の悩みは相談する人がいなくて1人で抱え込んでしまうことが多いです。
特にブラック企業かつブラック社員の多い環境は愚痴などネガティブな発言をすると同僚経由で上司に報告されて状況を悪化させてしまいます。
関係のない人や解決に結びつかなくてもいいので、愚痴を誰かに聞いてもらうことはとても大切です。

 

友人、恋人、家族など信頼出来る人がいれば身内でもいいですし、相談相手のいないときは、話を聞くことを専門にしたコールセンターを利用しても良いでしょう。
国や自治体の運営で仕事に関する悩みを聞いてくれる窓口は複数あります。
(参考記事:電話相談)