産休や育休など、女性が働きやすい環境であるかが、ホワイト企業を判断するポイントです。

ホワイト企業を見つける時のポイント

MENU

ホワイト企業の見つけ方

 

虫眼鏡を持つくま

働きやすい労働環境に充実した福利厚生、有給の完全消化など、今ホワイト企業が大きな注目を浴びています。

 

どの企業でも宣伝ページにはそこで働きたくなるようなアピールがされていますが、入社してみると話が違うというケースが少なくありません。

 

ここではホワイト企業を見つけるためのチェックポイントをご紹介しましょう。

 

労働時間の徹底

 

「仕事が終わるまで帰れない」ブラック企業とは対象に、ホワイト企業は労働時間が徹底されています。

 

もしどうしても残業しないといけない状況でも必ず残業代は支給されますし、よほどのことでもない限り徹夜になることはまずありません

 

ホワイト企業は社員に長く勤めてもらうことが念頭にありますから、仕事をきちんとした上でプライベートを充実させ、また明日から意欲的に取り組んでほしいという姿勢が保たれています

 

 

定着率が良い

 

社員を大切にするのはもちろん、ホワイト企業はその家族も大切にします。

 

社員のプライベートを充実させるために土日祝日の休みはもちろん、GWやお盆、年末年始には大型連休を与え、更にバースデー休暇などもあり、仕事のモチベーションを高めるために様々な工夫がされています

 

福利厚生が整っていたり休みが多いとストレス発散もしやすいので業務にも意欲的に取り組むことができその結果会社を辞める人が少なく定着率が良くなるのです。

 

 

女性が働きやすい環境か

 

産休や育休など、女性の事情を考慮した制度が整っている企業はホワイト企業であることが多いです。

 

ホワイト企業は女性のスキルアップを推進しているところが多く、復職へのサポートもしっかりしています

 

ブラック企業はこうした女性の事情に理解がないところがほとんどですので、「ホワイト企業かどうか」を判断する大きなポイントとなるでしょう。

 

 

社員が安心して長く勤めることのできるホワイト企業。自分にぴったりの職場を見つけるために、できるだけ多くの企業説明会に参加するなどして隠れた優良企業を探してくださいね。